住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

伊勢崎市にて築20年のサイディング外壁塗装のお見積に行ってきました

伊勢崎市にて外壁の調査に伺いました。
築年数が20年を超えており、外壁材の色褪せを気にされて、お問い合わせいただきました。

外壁材はサイディングが使用されており、サイディングもタイル調のデザインのものが使用されております。
image316

20年を経過しておりますので、日当たりの良い南面、東面の色褪せは大きく出ています。

しかし、日当たりの悪い北面や西面は色褪せはあまり出ておらず、綺麗な状態を保っていました。


ただ西面に関しては、日当たりが悪い為コケの発生が見られます。
image220
コケは放置すると広がっていきますので、
コケの発生しやすい環境にある場合には防苔の性能が入っている塗料を使用すると効果的です。


外壁表面に細かいひび割れが出てきますと雨水の影響を受けやすくなりますので、注意が必要です。
image1105

また、日当たりの良い部分に関しては、細かいひび割れが見られました。



今回のお客様は、現在の外壁材のデザインを残す事がご要望でした。

このようなご要望のお客様に対しては、クリヤの塗装をオススメします。

しかし、築年数が20年以上経過しておりますと、外壁材の色褪せやひび割れが進行しております。

クリヤの塗装は、現状を保護することになりますので、今のひび割れもそのままに塗装を行うのでオススメできません。

もし、クリヤの塗装を施工したい場合には、築年数が10年前後で検討するのがよいでしょう。



サイディングのお家の場合に避けては通れないコーキングに関しては、

以前施行したことがあるとのことでしたが、増し打ち工法で行われておりました。


image411


増し打ち工法とは、既存のコーキングを残したまま、上から新しいコーキングを充填する工法です。

この工法ですと、写真の通りコーキングの厚みがつかない為、亀裂が起きやすくなってしまいます。

長持ちは絶対にしません。

その為、コーキング工事ではは既存のコーキングを全て撤去して、打ち替えを行わなくてはなりません。

この方法であれば、十分なコーキングの厚みが取れますので、長持ちさせることができます。


塗装に関しても、コーキングに関しても施工方法は様々ございますので、しっかりとご検討してからお決めいただきたいと思います。