住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

伊勢崎市セメント瓦屋根・サイディング外壁の現場調査に行きました。

伊勢崎市にて住宅の現場調査にお伺いしました。

屋根材はセメント瓦、外壁材はサイディングが使われております。

お客様は、コーキング材のひび割れと、サイディング材のひび割れが気になり、お問い合わせ下さいました。

 

お客様が気にされているコーキング材は紫外線により劣化していきます。

よく、輪ゴムと同じようなものと例えられますが、成分に可塑剤というものが含まれており、

この可塑剤が紫外線により劣化していくことになります。


劣化が進行していきますと、まず硬化が進みます。その結果、痩せがみられたり、

亀裂が発生したりの劣化に繋がっていきます。

今回のお家でも、下記のような劣化症状が見られました。


1150
2105

コーキング材が劣化しているのは、主に南面や 西面など、日の当たりやすい面が劣化しています。

2枚目の写真のようにコーキング材が落ちてしまっている箇所もありました。

このような状態になりますと、外壁材の雨水の吸収は大きくなります。

サイディング材というのは、表面は塗装されていますが、厚みの部分はまったく塗装されていないのです。

サイディング材は、セメントが主成分となりますので、塗装されていない場所からは、

雨水の吸収は大きくなっています。





 





また、外壁材が雨水を吸収しますと、外壁材の破損にも繋がりやすくなります。





水分は、固体になると膨張しますので、外壁材が吸い込んだ雨水が外壁材内部で凍結しますと、
ひび割れに繋がってしまうのです。
3100




外壁材のひび割れは、写真のように釘周りのところが割れることが多くあります。





釘周りに関しては、力が加わりやすい為、地震などの影響でひび割れが起きてしまいやすい場所です。

4112




コーキングにおいて一番注意しなければならない場所は、窓上のコーキングになります。

サイディングの住宅において、雨漏りの原因として多くあげられます。

普段見えにくい部分になりますので、調査の時に必ず見てもらって下さい。

特に出窓上は注意です!

こういったことでお悩みの方は、是非お問合せください!


現場調査、お見積、お問合せの方は、こちらをクリック