住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

前橋市にてALCパネルのお家に塗装の現場調査・お見積りに伺いました。

前橋市にて、ALCパネルのお家の現場調査にお伺いしました。

今回お問い合わせいただきましたきっかけとしては、外壁の目地部分の

汚れが気になるということと、少しひび割れが出てきているということでした。

 

ALCパネルは、コンクリートを主材としたもので、コンクリートを発泡させているものになります。

軽石のように空気層が出来ており、ALC自体には、防水性能がございません。

その為、新築時には、現場で塗装し、防水性能を高めております。

また、パネルとパネルの間は、緩衝材としてコーキング材が充填されております。

 

コーキングの目地に関しては、新築当初は塗膜に守られている為、紫外線が直接当たらないので

劣化はしませんが、塗膜よりもコーキング材のほうが柔軟な為、

年数が経つと、塗膜にひび割れが起きてしまいます。

 

20181105_181105_0022

mso-bidi-font-family:"MS Pゴシック";mso-font-kerning:0pt;mso-ansi-language:EN-US;

mso-fareast-language:JA;mso-bidi-language:AR-SA">コーキングの上の塗膜のヒビ割れがおこっています。この白くなっているのがコーキングの素地です。
20181105_181105_0021


mso-font-kerning:0pt">このようなコーキングの劣化が日当たりの良い所に特に目立って確認できました。





コーキングの目地に関しては、新築当初は塗膜に守られている為、紫外線が直接当たらないので

劣化はしませんが、塗膜よりもコーキング材のほうが柔軟な為、

年数が経つと、塗膜にひび割れが起きてしまいます。

 

そうしますと、コーキング材に直接紫外線が当たる為、

コーキングの劣化が進んでいきます。

コーキングが劣化しますと、硬化し、亀裂が入り、

劣化が大きい場合は剥がれてしまうケースもあります。

 

20181105_181105_0034


mso-font-kerning:0pt">こちらの写真では外壁にヒビ割れができており、外壁材の上の塗装が剥がれてしまっています。





目地付近の外壁が割れてしまっていることから、目地の劣化が影響していることも考えられます。

最初にお伝えした通り、ALCパネル自体には防水性能が無いため、

ひび割れ部分から内部に雨水が侵入してしまいます。

 

20181105_181105_0029

また、外壁の窓回りに雨垂れ汚れも見受けられました。

雨垂れ汚れに関しては、雨水がサッシに付着した排気ガスやほこりを流すことで、

窓下に汚れを付着させてしまっております。

塗装を行えば表面をきれいにすることは出来ますが、

今後も汚れがついてしまいます。

そのため、この部分のおススメの施工方法は

低汚染型の塗料を塗っていく事が手立てとなります。

低汚染の塗料とは汚れがつきにくいことはもちろんですが、

汚れが表面に付着した場合に雨水で汚れを浮かし洗い流してくれる機能を備えた優れた塗料です。

その他にもご要望に応じてさまざまな塗料をご提案させていただきますので、是非ご相談ください。