住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

前橋市のアパートにて雨漏り調査にお伺いしました。

先日、オーナー様からお問い合わせをいただきまして、
アパートの雨漏り調査にお伺いしました。
雨漏りの箇所は、3階建ての最上階となっており、
出窓の周辺から雨漏りしているということでした。

雨漏りが発生しているということで、
まずは、雨漏りの原因と思われる箇所を特定しなければなりません。
最上階ということでしたので、屋上にあがらせていただき、
調査をさせていただきました。
屋上には、シート防水が施工されておりました。
アパートの陸屋根の場合には、
シートの防水が施工されているケースが多くあり、
シートの防水も経年劣化していきます。

調査にお伺いさせていただきました、アパートも
屋上の防水が劣化しておりました。
シート防水の剥がれ
シート防水の浮き

シート防水の浮きが各所に見けられました。
屋上は、紫外線の影響を強く受けてしまう為、
夏場は非常に高温になっております。

塩ビのシート防水は、温度変化により
温度が上がると膨張し、温度が下がると収縮していきます。
その為、入り隅(隅)の部分が浮いてきてしまうことがあります。
写真は、シート防水が引っ張られてしまい、
立ち上がり部分が浮いてきてしまっている状態です。

もっとひどい場合は剥がれてしまったり、
シート防水に亀裂が入っているケースがあります。
シート防水に剥がれや亀裂が発生しますと、
シート防水の下はコンクリートになっている為、
室内まで水分が吸収されてしまいます。

その為、今回の雨漏りの原因の1つとして
屋上のシート防水の劣化が考えられます。

出窓屋根
続いて、今回雨漏りが発生している出窓屋根の部分も
確認をしてみました。
今回は3階部分であったため、上からのぞくような
形でしか調査は行えませんでした。

雨漏りの箇所として、多くあげられる出窓部分ですが、
原因としてはコーキングの劣化が多く見られます。
コーキング
今回のアパートに関しましても、出窓上のコーキングの
劣化が見けられました。
出窓上のコーキング材が痛んでおりますと、
雨水が侵入しやすくなっておりますので、
対処が必要となります。

雨漏りというのは、1か所からではなく複数個所から
雨漏りするケースがございますので、
怪しい部分は1つ1つ対処していく必要があります。

雨漏りでお困り方はお気軽にお問い合わせください。