住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

前橋市にて建物診断にお伺いしました。

前橋市にて屋根スレート瓦、外壁サントウ板のお宅に建物診断にお伺いしました。
お客様は、築20年以上経過し外壁面の色褪せや、ベランダ下の軒裏天井の腐食が気になるということで、
当社の勉強会にご参加いただき、その後に建物診断に
お伺いしました。

屋根は、スレート瓦が使用されております。
スレート瓦とは、薄型のセメント系の屋根材で、
現在の新築のお家で、多く使用されております。
施工性もよく、軽量であり、陶器瓦と比べ
安価な為、多く使用されております。

セメントが主成分となっている為、
屋根材自体に防水性能はなく、工場で生産される際には、
焼き付けの塗装がされております。

築年数が経過しますと、その表面の塗装が
紫外線により劣化し、防水性能が低下してきます。
スレート屋根
塗装というのは、紫外線で劣化していくため、同じ屋根材でも
特に南面が劣化の進行が早くなっております。
写真も南面の写真になりますが、
白くなっているところは、表面の塗装が劣化し
セメントの素地が露出している部分になります。

この様な状態になりますと、屋根材自体が雨水を吸収し、
屋根材自体の劣化に繋がっていきます。
コケの発生
こちらは北面の写真になります。
北面は、南面と比較すると、紫外線の影響は小さいため、
塗膜の劣化の進行は遅くなります。

ただ、紫外線の影響が小さいからこそ、
雨水を吸収するようになってしまいますと、
水分が蒸発しにくくなります。
その為、北面はコケの発生が多く見られるようになります。
コケが発生していることは、
表面の塗装が劣化している大きなサインとなるのです。
外壁ひび割れ
続いて、外壁ですが、外壁材はひび割れが各所に見受けられました。
外壁のひび割れの原因は主に地震等で建物が揺れて
力が加わってしまうことにあります。
サントウ板には外壁と外壁の間に
コーキングが施工されている為、
そこで揺れを吸収してくれますが、
コーキング材自体が硬化してきてしまいますと、
揺れの吸収がしにくくなってしまいます。

外壁のひび割れがありますとそこからの
雨水の侵入が起きますので、
その周辺から外壁の劣化が進んでしまうケースも考えられます。

軒裏天井

このお家では、ベランダ下の軒裏天井の腐食も見受けられました。 軒裏天井が腐食してしまっている際は、 塗装で修繕することが難しくなりますので、 張替工事が必要になります。 その際に、外部からでは見る事の出来ない 雨水の侵入口を見つける事が必要になります。 内部の木材を調査し、 雨筋や染みがどこから発生しているかを 確認し、適切な防水工事をしなければなりません。 外部修繕でも、見えない部分も出てきますし、 特に雨漏りや、腐食は 侵入口をしっかりと押さえないと、根本的な 解決にはならないので、しっかりとした修繕計画が必要となります。