住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

沼田市でALCの外壁のお見積りに伺いました。

沼田市にて2階建ての住宅に建物調査に伺いました。
築20年以上経過しており、建物の色褪せや、ひび割れが気になり始め
もう限界だろうということでご連絡いただきました。

外壁材はALC、屋根材はモニエル瓦が使用されております。

ALC
ALCとは、軽量発泡コンクリートというもので、コンクリートが主成分となっております。

断面は空気層が出来ており、発泡スチロールのようなイメージが近いです。
モニエル瓦
モニエル瓦とはセメント系の屋根材となり、表面にスラリー層と呼ばれる

着色セメントが加工されているのが特徴です。
外壁材のALCは、パネルとパネルの繋ぎ目にコーキングが使用されております。 新築時にパネルを張り付けたのち、繋ぎ目をコーキング処理を行ってから 塗装を行います。 その為、ALCのコーキング材は当初塗膜で保護されており 紫外線が直接当たらないようになっております。 ただ、劣化が進行してきますとコーキング上の塗膜が 割れてきて、内側のコーキング材が露出してきます。
繋ぎ目のひび割れ
ALCパネルの繋ぎ目が劣化している場合には、

増し打ち工法というコーキング工事を行います。



ALCパネルの繋ぎ目は塗膜で保護されている事、

目地が深くなっていることから、既存のコーキング材が撤去しにくいこと

厚みが十分に確保できるため増し打ち工法を取ります。
4e1278693707b8f6574d7f5981933bad
浴室の窓下の外壁材が破損しております。

ALCパネルのお家には多い劣化症状になります。

浴室と外気の気温差から、外壁に湿気が溜まり

凍害が起きております。
外壁材目地の繋ぎ目と、浴室部分の破損部の劣化具合が
ALCの外壁材のポイントとしては重要な部分です。

ALCの外壁材が使われている方は是非チェックしてみてください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top