住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

前橋市にて今人気の屋根のカバー工事を行いました。

前橋市田口町にて屋根のカバー工法を行いました。
カバー工法とは、既存の屋根材の上に新しい屋根材を乗せていく工法です。
今回は、IG工業のガルテクトというガルバリウム鋼板を使用しました。

ガルバリム鋼板とは、鉄板の表面にアルミと亜鉛を化合したものが加工されており、
錆びにくい材質となっております。
耐久年数も20年以上で、軽量の部材となっており、
屋根のカバー工法には適した屋根材です。

今回使用したガルテクトは、断熱材入りのものになっており、
屋根のカバー工法でも人気の標品となっております。

それでは、施工の様子をご紹介します。
施工前
施工前のコロニアル屋根の様子です。

まずは、こちらを高圧洗浄できれいに洗い流しました。
37bb1f7a611ca88f922f1244b39d919c
続いて、緑色のアスファルトルーフィング(防水シート)を敷き、
その上に屋根本体の乗せていきます。
この時、屋根は必ず下から順番に葺いていき、
一緒に雪止め金具も設置します。
棟板金の施工中
屋根の平面が葺き終わると、最後に棟部分を仕上げます。

下地となるヌキ板を取付、そこに棟板金を施工していきます。
棟板金
棟板金は、昔は釘で固定しあることが多くありましたが、

現在は、抜けにくいビスで固定しているので、

今後抜けてくる心配は少なくなります。
完成
完成となります。

最後に、足跡を綺麗にして完了です。

これで屋根も2重になり、

耐久年数も高まりましたので、安心です。



屋根の工事をご検討の方は、是非ご連絡ください。