住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

前橋市で瓦棒屋根の見積もりに伺いました。

本日は、前橋市にて金属屋根(瓦棒屋根)の御見積りに伺いました。

こちらのお宅では、二年前にも屋根の塗装を行ったということです。
そんな中、お庭に出てみると塗膜と思える破片がぽろぽろと落ちているので、
ご相談を頂きました。
屋根全景

屋根全景

さっそく屋根の上にあがってみると、
お客様のお伝えいただいた通り、塗装が剥がれておりました。
塗膜の表面は、ほとんど色褪せなどは出ておりませんでしたが、
各所で塗膜が剥がれ素地が見えてきているのです。
塗膜の剥がれ
近くで見てみると、塗膜が丸まったような形で剥がれてきております。

お客様にお話をよく聞いてみると

築年数は30年以上で、

塗装も今までに何度も行っているということでした。
今回の剥がれの原因はそこでした。
金属屋根というのは、セメント系の屋根材と違い、
塗料の吸い込みなどは全くありません。
それなので塗れば塗るほど塗膜が厚くなっていきます。

金属屋根の塗装に於いては、
一般的に3~4度目くらいの塗装が限界といわれております。
塗料には限界膜厚というものがあり、
それを超えてしまうと塗装が剥がれてきてしまいます。


今回のお宅では、塗膜の剥がれの原因はこの限界膜厚が
超えてしまっていることでした。

その為、今回は既存の屋根の上から屋根を被せる
カバー工法か、
既存の塗膜を除去してから、塗装を行う方法をご提案させていただきました。

今回お客様は、塗装を選択されましたので、
また工事が始まればご紹介させていただきます。