住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

前橋市にて2回目の屋根塗装の現場調査に伺いました。

前橋市にて屋根の調査に伺いました。

築20年を経過しており、一度屋根と外壁を塗装しているお家で、
以前の塗装から15年程経過したので、屋根の状態が気になるということでした。
スレート屋根
屋根材は、スレート瓦が使用されています。

屋根の状態は、以前塗装された塗膜が剥がれており、セメントの素地が

剥き出しになっている状態です。
スレート屋根アップ
スレート屋根を近くで見てみると端部の剥がれが顕著に出ております。

現状からみて、恐らく以前の塗装では、

水性の塗料が使われていたことが考えられます。

屋根に苔が発生している
塗膜が剥がれ、屋根材の表面の撥水性が低下している為、

北面などには苔の発生が見られます。

日当たりの悪い面など湿気が籠りやすい面は、

黄色い苔が発生しており、スレート屋根が

雨水を吸い込んでいることがうかがえます。

棟板金
また、棟板金の色褪せも屋根材同様に見受けられました。

一部サビの発生も確認できます。
今回の塗装の提案としては、
油性の塗料で遮熱性能を持った塗料をご提案しました。
耐久年数の異なる
遮熱シリコン(10年~12年)
遮熱フッソ(13年~15年)

ただ、今回のご提案のポイントとしては、
上塗り材ではなく下塗り剤です。

以前の塗装で水性の塗装がされておりますので、
下塗り剤には弱溶剤(弱い油性)
の塗料を使わなければなりません。

強溶剤(強い油性)を使ってしまいますと、
以前の塗装を痛めてしまう可能性がある為、
この場合は不向きです。



今回のケースのように以前の塗装によって、
今回の塗装の工法は変わってきます。
その為、専門家による建物診断というのは非常に大切になるのです。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top