住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

前橋市にてお家の破風板板金巻き工事を行いました

こんにちは。 ミヤケンの原田です。 今回は、破風板の工事を少しご紹介させていただきます。
 破風板とは、名前の通り「風を破る為の板」になります。 鼻隠しやケラバとも呼ばれますが、 屋根の縁の部分にある、30センチほどの板になります。
 屋根裏に風が入るのを防ぐための部材になりますが、 一般的には木が使われております。
最近の住宅では、新築時から木の上に 板金が巻いてあるお家が増えております。

20171218_171219_0030
こちらが破風板になります。
今回は前橋市にて実際に工事をさせていただいたお家を事例にご紹介します。
こちらの雨樋が付いている為、紫外線や雨水の影響を受けにくい為、
大きな劣化は見られません。その為、塗装工事で仕上げました。

20171218_171219_0013
まずは、素地と塗料の密着を良くするために

研磨・目粗しを行います。

20171218_171219_0011
その後に上塗り2回で仕上げていきます。



IMG_7326
切妻の屋根の場合は、雨樋が付いていないケラバ部分が

紫外線と雨水の影響を大きく受けるため、

塗膜の剥がれが見られます。




こちらのお家の場合は、痛みは小さいほうですが、腐食している箇所も見受けられましたので、

板金巻きを行いました。


1920
ガルバリウム鋼板を巻くことによって

今後のメンテナンスもとてもしやすくなります。

メンテナンスといっても塗装だけではなく、
状態によって板金を巻くことも必要となります。

まずは、専門家に相談してみましょう。