住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

伊勢崎市へ屋根コロニアル、モルタル外壁お家の塗装お見積り調査

こんにちは。
ミヤケンの原田です。

先日、伊勢崎市の現場調査にお伺いしました。
屋根材はコロニアル、外壁はモルタルが使用されております。

2017_12_18-1_32
屋根材は、全体的に塗膜が劣化しておりました。

表面の撥水性が低下しており、北面はコケが生えております。

撥水性が低下して雨水を含みますと、これからの季節凍害などの被害が発生する可能性がございます。

2017_12_18-1_29
ここ数年の現場調査では、必ず軒樋の歪みがないかチェックします。

2014年や2016年の大雪被害が出ているお家がございますので、

交換が必要かどうかチェックします。

今回のお家では勾配がしっかりとれており問題ございません。

2017_12_18-1_14
外壁の色褪せが出ておりますので、外壁の雨水の侵入も考えられます。

こちらは、チョーキング現象というもので塗装の劣化のサインになります。

劣化塗膜がチョークの粉のように吹き出ていることから言われております。

2017_12_18-1_18
破風板の繋ぎ目のコーキングが劣化しております。

このような部分に関してもただ塗装するだけではなく、

繋ぎ目の部分のコーキングはしっかりとコーキングを打ち替えてから

塗装していきます。
今回のお家では、表面の塗膜の劣化は見受けられましたが
大きな下地処理は必要なくきれいに塗装を行う事で、
お家を長持ちさせることが出来ます。

大きな劣化が起きる前にメンテナンスをすることで
費用を抑える事が出来ますので、
まずはご相談ください。