住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

【工事部】リブ仕様のALCの外壁塗装の様子をご紹介します

お世話になります。
ミヤケン工事部の太田です。

今回は外壁ALC塗装の紹介です。

ALCの表面は平ではなくリブと言う形状のALCです。
横目地がたくさん入っており、凹凸がたくさんあります。

25da099badb5cfef22aafd99c4d23161
▲このような形状の外壁材です
今回、お客様にご採用いただいた上塗り材は超低汚染リファインの艶ありです。

超低汚染というは汚れはもちろん、水アカも付きにくい塗料です。


e49462b239c7a18e30522b326eddc418
▲コーキングの工事が終わった状態です
最初に微弾性の下塗りを塗って行きます。
微弾性とは弾力性のある下塗り材で
ALCやモルタルの外壁材に使用されます。

素穴や小さいヒビがしっかりと埋まるようにたっぷりと塗って行きます。


db51ea842f22dbadb6ff1b93ea03636b
下塗りがしっかりと乾燥したら上塗り1回、2回と塗って行きます。
ede34085a69ad76c41ee5dc81fa05346
▲上塗り1回目です
5e9beb5cea99088ce76a25cda0c81fe1
▲上塗り2回目です
リブは横目地が沢山あり塗り残しが出来やすいのでよく確認しながら塗りました。

ムラや塗り残しもなく綺麗に仕上がりました。



最後迄読んで頂きありがとうございました。