住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

破風板塗装の前に、劣化した継ぎ目のコーキング補修を行いました

工事部太田です。今回は破風板の下地処理の方法です。写真を見て分かるように破風板の繋ぎ目のコーキングが劣化して切れてしまっています。

指で持ち上げているのが、劣化してしまったコーキングです。

11888
このまま塗装をしても水が入ってしまい内側から傷んできます。ですからコーキングをカッターで撤去して行きます。


11889
撤去した後はマスキングテープで養生をしてからコーキングを打って行きます。ミヤケン基準で塗る色によってコーキングの色も変えて行きます。

マスキングテープは、紫のテープの部分です。
コーキングが不要なところにつかないように、また、仕上がりも美しくなるように養生は必要です。

今回は、破風板が白でそのまま色を変えずに白系の塗料を塗るので白のコーキングを使います。
コーキング材の色は他にも、黒や濃茶などもあります。




11890
専用のヘラで綺麗にならしたら・・・





11891
テープを取ってコーキング完了です。
これで、破風板の継ぎ目に水が入らなく長持ちします。


最後までお読みいただき誠にありがとうございます。