住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

サビてしまった鉄製の折半(せっぱん)屋根の塗装工程のご紹介

こんにちは!

工事部の大塚です。
今回は折半屋根の塗装についてお話させて頂きます。
5100
現状を見てみますと全体的にかなり錆が出ていますね。
このままほっておくと穴があいてしまったり雨漏りの原因になってしまいます。


5102
最初に高圧洗浄を行いたまってしまった砂や汚れなどを綺麗に落として行きます。


5104
洗浄だけでは錆びている部分は落ちないため、しっかりとケレン(研磨)をしてから下塗りの錆止めを塗装して行きます。



5109
上塗り1回目の様子です。
谷の部分の角などがローラーで塗っていると入りにくいので、材料をたっぷりと付けて塗り残しがないように塗って行きます。


5106
仕上げの上塗り2回目ですが、1回目と同じ色を塗る事が多いので、よく確認しながら塗らないと塗り忘れが出てしまいます。


5112
そして最後にボルトキャップの取り付けです。一番錆が出やすいのがボルトの部分なので、しっかりとキャップを付ける事により雨漏りの心配もさらになくなります。


5114
完成写真になります。
最初の錆びていた屋根が嘘のように綺麗になりましたね!
やはり暑さ対策なども考えると黒系よりは白系を私はオススメ致します。