住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

DIYも可能な木製玄関ドアの塗装方法のポイントのご紹介!

こんにちは!

ミヤケン住宅課の福田です!

今回は木でできたドアの塗装についてです

非常に味があり、シックにお家をまとめるのが木のドアなわけですが
なにせ劣化が起きてしまうのも一つの点としてあります

そんな木製のドアですがしっかりとみなさんはメンテナンスされて
おりますでしょうか?

今回の内容はこのドアの塗装についてです!

ぜひ参考にしていただきたいのとDIYでも可能ですから
チャレンジもありですね!

まず
仕上げるドアがコチラ
IMG_7319
まばらに色褪せがおきているのがわかりますね

南面に設置されている場合には色褪せがどうしてもでてしまいます

それをきれいにしていきます!


使用する塗料がコチラ
IMG_73161
「キシラデコール」という木専用の塗料。

木部専用の吸い込ませていくタイプの塗料です

通常のペンキと呼ばれるような塗料は表面に塗装膜を
形成しますので木目なども見えなくなってしまいますが
このキシラデコールは木目を生かして塗装可能です

そして作業工程がコチラ

IMG_73201
まずは研磨です!
古い塗膜をペーパーで落とします

写真でもわかるくらいに落ちていますよね
落としていくのはもちろんですが研磨で細かい傷を
つけていくことで染み込み・密着性も高まります

研磨後はどうでしょうか?
IMG_7319
研磨前
IMG_7323
研磨後
このようになればOKです!

どうでしょうか?
しっかりと行い、これから塗装に入ります!


そして塗装回数は最低2回です!
IMG_73251
一度目はたっぷりと吸い込ませていくイメージでいれていきます

塗りのこしがないように現状より少し濃いめを入れてあげるのがお勧めです

たっぷりと塗りましょう!

そして二度目は一度目で吸い込みがある程度とまりますので多すぎると垂れてしまいます
刷毛に軽くつけて試してみましょう!

吸い込みがないので2回目はすごく塗りやすいと思います!

IMG_73341
2度目で吸い込みがなく少し艶がでています
乾燥すると艶は引いていき、オイルステインを入れたかのように
きれいに仕上げることが可能です

増膜タイプではなく浸透タイプでやりましょう

増膜タイプを一度おこなうとそのあとも増膜タイプのみ
使用可能となり、何度も塗り重ねるとはがれにもつながります

ぜひ木部でお困りごとがありましたらドアだけでなく一度ご相談ください

下手に塗装してしまうと木目を再度生かすことは交換しない限り難しく
なっていきます


IMG_7319
塗装前
IMG_7329
塗装後
ここまでご覧いただきありがとうございます!