住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

高崎市八千代町M様邸 屋根外壁塗装工事中の点検にいきました

高崎市八千代町で塗装工事中のM様のお家の点検に伺いました

担当営業として現場の進捗は毎日報告を受けておりますが、

現地で実際どのように進んでいるのかを目視でチェックすることもとても大切な仕事の一つです。


特に!はじめての塗り替えですとここはどうなるのだろう?

ここはこうなるのかな?など工事が始まってからの不明な点や、

気になることも事前の打ち合わせだけではなかなか解決できません。

だからこそ営業担当がしっかりと進捗を見ていき、

工事管理や工事担当と密に現場を見ていく必要があります。

といってもなかなか足が運びきれない現状もあります。


だからこそ塗装時における大事なポイントはしっかりと見ておくことが大切なのです!

今回は下地の状況についてです。


足場からチェックしていきます。


image420

シートが寄れていたり、汚れているとイメージも悪いのでピシッとしているか

毎回見ております!

こういったところでも仕事が見えるとお客様からよく言われます汗


こちらが玄関周りの養生です。


image231

お客様が一番出入りするところだからこそピシッと養生もしていきます。

特に通常の養生シートだと滑りやすいので、

防滑シートで滑りにくいものを採用して養生をしています。

破れにくいうえに滑りにくい材質なのでお客様も安心です。

そしてベタベタとテープ類を貼ると見栄えも悪いので、

ここは特に見栄え良くしていきます。



次にサッシ周りの養生とシーリングです

image1117

シーリングとは外壁とサッシの間に施工しているゴムのようなものです。

これを施工することで水の侵入を防ぐとともに雨漏りなどの対策にもなるのです。


今回は外壁材の配色が濃いのでシーリング剤もこげ茶のお色で仕上げました。

もっとも塗装後の見栄えが落ちるのはシーリング上の塗装割れです。

割れることは避けることができません。

だからこそシーリングと外壁の塗装の色が同じであることで割れていても、

そこが目立たないことで美観を保つことが可能です。

image513


養生が進んでいくとまず天井の塗装から始まります。

塗装では上から下にかけて施工していくのが基本となります。

特に養生は汚れないためとその物自体の保護にもなりますので念入りにやっていきます。

養生が甘いと後々の清掃などもとても大変ですので、一番難しいところかもしれません。


image328

足場部分も施工前に点検しておきます。

事故は起きてはいけないことです。

念入りに足場も見ておき、危ないところはすぐに組み替えを行い、

施工に影響が出ないようにしっかりとやりやすい足場にしていきます。

入る職人によっても体格が違えば同じ足場でも施工性は変動します

だからこそ職人さんが一番やりやすい状態にしておくことも営業担当の役目です。

現場では沢山の状況がぶわーっと入ってきますので一つ一つ見落としなく

点検を今後もしていきます!!



ミヤケンLINEではお家の状態を撮影するだけで
簡単に概算のお見積りやご相談ができるます!
お気軽にご相談ください。