住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

太田市飯塚町で屋根の調査に伺いました

今回はモニエル瓦の調査のため、太田市飯塚町で調査しました。



B79F82FB-B6C8-49A7-9689-83942F6FA036
こちらの屋根はセメント瓦に見えますが屋根の瓦をよく見ていきます
3701DFE9-E0D4-4E51-8AB9-9E3134C07E8B
高所カメラで撮影した北面です



屋根の状態ですが

現状は表面の色あせとコケの発生が見られます



特にモニエル瓦は

スラリー層と言われる特殊な層がありますのでこの層をどのように施工していくのかによって塗装の持ちも大きく変わります
6A50EE4D-E3B7-4C4D-859F-43C97B55D399
特にモニエル瓦は施工する時期がとても大切です



現在製造されておりませんので差し替えることも大変です



割れたりした場合には屋根材の補填がきかないのです



なぜならアスベスト混合タイプもあるからです



施工した時期などにもよりますがそういった物もあるため、施工には慎重になります



そこはしっかりと施工仕様書など確認してモニエル瓦が使用されているか見てみましょう



5C3504AC-4377-49F9-B4B5-5CB2090B165D
南面は日当たりが良いので大きな痛みはなく、全体的に色褪せが目立つ程度でした





このモニエル瓦の施工時期についてですが15-20年の築年数でやると最も塗装の持ちが良くなりやすいです



これはスラリー層が大きく関わるのですが、スラリー層がまだ残っている状態と劣化してきている状態では塗装前の洗浄で下地の状態が変わるためです!



ぜひ屋根の劣化具合をプロの診断士に見てもらって塗装の判断をしていきましょう!





屋根のが不安がありましたら福田までご連絡ください!

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top