住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

屋根や外壁だけじゃない!大切な雨樋などの付帯部の塗装!


今回は、屋根や外壁ではなく、付帯部と呼ばれる部分についてお伝えしていきます!

皆さんは付帯部をご存知でしょうか?
付帯部とは、雨樋、破風板、軒裏天井などの、建物に付随する部位の総称の事です!




雨が降った際に、地面まで雨水を流してくれる雨樋や、その裏側にある破風板と呼ばれる部分がございます。
このような外壁に付随する部分もしっかりと塗装を行いメンテナンスをすることで、長持ちさせる事が可能になります!

逆に、塗装を行わずに放置してしまうと
屋根や外壁同様に紫外線の影響で劣化し、素材の割れや表面の塗装の剥がれの原因になります。

そのような場合、この付帯部と呼ばれる部分の補修の為に足場をかけることになり、コストの面で、負担が大きくなってしまうこともあるので、屋根や外壁の塗装のさいに、一緒に塗装をしましょう!

まず、この付帯部と呼ばれる箇所では、紙やすりなどで表面を研磨作業していきます!
これは、表面の汚れや既存の劣化した塗膜を落すためでもありますが、
大切なのは表面に細かな傷をつけていく事です!

この作業は、目粗し(めあらし)ともいい、

表面に傷をつけることで塗料を塗った際に密着が良くなり、
より塗料が剥がれにくくすることができます!

この作業を怠ってしまうと、やはり塗膜の密着性は低下し、
耐久年数よりも早く剥がれてきてしまうという事にもつながりますので、とても大切な作業になります。


また、表面を傷つけすぎてしまうと、素地自体に穴や割れが起きてしまうこともある為、

うまく表面だけを研磨目粗ししていく事が大切になっていきます。
破風板 研磨

↑破風板の研磨作業風景
雨樋 研磨

↑雨樋の作業風景
雨樋 塗装

↑雨樋の上塗り作業風景
雨樋 塗装

↑雨樋の作業風景
現状のお家で、外壁や屋根に目が行ってしまいがちですが、
全体の外観を見ていくとこのような付帯部だけが色褪せてしまっており勿体ない状態になる事もあります。

外壁塗装をご検討の方のなかには
「コストを抑えるためにいらない!」とお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、

ぜひ一緒に付帯部も塗装を行い、おうち全体を綺麗に仕上げていきましょう!


もし、付帯部の事で、気になる事などがございましたら、お気軽にお問い合わせください!