住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

前橋市鼻毛石町でスレート屋根・サイディングの調査を行いました。

スレート屋根サイディングパネル
今回は、前橋市鼻毛石町にあります築25年の初塗装のお家へお伺いしてきました。

屋根はスレート屋根(コロニアル)
外壁はサイディングパネル(窯業系)になります。

今回が初塗装ということで、しっかりと調査していきます!

まずは屋根を見ていきましょう!
スレート屋根
屋根表面では、25年間日当たりの良い環境下にあったため、表面の塗装は薄くなり、瓦自体が雨水を含んでしまっていました。

その影響でコケやカビの発生が全体的に見受けられました。

このまま放置をしてしまうことはおススメではありませんね!
スレート屋根
現状、屋根の撥水性や防水性はほとんど見受けられない状態です。
瓦が雨水を吸込みやすい状態であると言えますので、しっかりと汚れやコケカビを高圧洗浄で落としてから塗装を行います。

そして、塗装する際は下塗り材を2回しっかりと行います!
1回塗りで済ませてしまうと、瓦が下塗り材を吸収してしまい、幕が形成されずに上塗り材との密着性が低下してしまう可能性があります!
なので、たっぷりと1回瓦に下塗り材をすわせた後に、膜を形成するように2回塗ります!
サイディングパネル 反り
次に外壁です。

各所でこのように、サイディングパネルの反りが見受けられました!

この状態まで反ってしまうと、パネルをビスで再固定すると割れてしまう危険性がある為、貼り替えの必要があります!

なぜこのような反りが見受けられるのでしょうか?
サイディングパネル 反り
理由として、サイディングのパネルの表面は、新築の際は焼き付けの塗装がしてある為、表面から雨水が浸入するということはありません。

しかし、側面は塗装がされていないため、コーキング材の劣化に伴いひび割れなどが発生し、そこから雨水が浸入してしまうと、サイディングパネルは雨水を吸収してしまいます!

雨水の吸収と蒸発が繰り返し発生してしまうと、このようにパネルが反ってしまう事があるのです!
目地コーキング
つまりは、この目地コーキングが割れてしまっているかどうかで、外壁材が長持ちするかどうかが決まってきます!

このお家では、ほとんどの箇所で目地コーキングが画像のように劣化し、割れが見受けられました。
なので、この割れから雨水が浸入し、外壁材が吸収してしまったと考えられます。


サイディングのお家では、しっかりとこの目地コーキングの良い状態を維持していく事が大切になります!
現状で目地コーキングが劣化してしまっている方、見てほしいという方はお気軽にお問い合わせください!