住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり
メール相談

伊勢崎市で屋根モニエル瓦外壁サイディングのお家へ現場調査にお伺いしました。

モニエル サイディング
本日は、伊勢崎市にて、色褪せが気になるとのことで現場調査にお伺いしました。

今回は屋根はモニエル瓦で、外壁がサイディングのお家にお伺いしました。

屋根の部分が広いお家なので、しっかりとみていきましょう!
モニエル コケ カビ
屋根部分では、広い範囲でコケやカビの発生が見受けられました。

基本、屋根のでは日当たりの良い南面では色褪せが見受けられ、日当たりの悪くなってしまう北面でコケやカビの発生が多く見られることがあります。

しかし今回は、全体的にコケカビの発生が見受けられた為、全体的に防水性が低下しており、瓦が雨水を吸収してしまっている状態になります。
モニエル コケ カビ
施工を行う際は、表面のコケカビを取り除くのはもちろん、モニエル瓦特有の「スラリー層」というものがあります。

このスラリー層はセメントを着色したものになり、塗装を行う際はこのスラリー層もしっかりと取り除かねばなりません。

取り除かずに塗装を行った場合、そのスラリー層が内側から剥がれていき、塗膜の密着性が低下してしまいます。
なので、下地処理として高圧洗浄がとても大切になっていきます。
サイディング 色褪せ チョーキング
外壁のサイディング部分では、色褪せ(チョーキング現象)が見受けられました。

色褪せが見受けられたからと言って、内部への雨漏りにすぐに繋がる事ではありませんが、表面の防水性が低下してしまっているサインになりますので、防水性を高める事が大切になります。
サイディング 割れ
外壁のひび割れは、地震の影響の他にサイディング自体が雨水を含み、内部で凍結することによる割れや、外壁の反りとビスの浮きの反発によるものなど、様々ですが、ひび割れが外壁で表面化してしまっていると、雨水が内部へ浸入してしまう為、ひび割れはしっかりと修繕する必要があります。

コーキング材で補修を行う場合や、状況によってはサイディングボードの貼り替えになる可能性もあります。
サイディング 目地コーキング
また、サイディングボードで一番気をつけなければいけない部分として、目地のコーキングがあります。

この部分がひび割れてしまうと、サイディングパネルの側面から雨水が吸収され、サイディングパネル自体の劣化に繋がる危険性があります。

既存の劣化したコーキング材を全て撤去し、新しく打ちかえる「打替え工法」を行うのが基本です。
サイディング 目地コーキング
コーキング材は輪ゴムなどと同じ性質なため、紫外線の影響を受け続けると固くなり、割れてしまいます。

なので、コーキング材を全て打替えた後、上から塗装を施し、塗膜でコーキング材を守り、紫外線が当たらないようにすることで、コーキング材を長持ちさせることが可能になります。

サイディング 目地コーキング

外壁がサイディングのお家では、表面の色褪せよりも、パネルとパネルの間の目地部分のコーキング材の状態が大切になっていきます。

この目地部分の劣化が将来的に、建物自体の耐久性に繋がります。
より建物を長持ちさせる為、この部分はしっかりと良好な状態を維持していきましょう!

もしお住まいのお家の状態が気になる方や、普段見れない箇所を見てみたい方などがいらっしゃいましたら、お気軽に問い合わせください!