住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

吉岡町で鉄板サイディングのお家の現場調査にお伺いしました。

鉄板サイディング
今回は、吉岡町で平屋のお家に現場調査でお伺いしました。

屋根は陶器瓦
外壁は鉄板のサイディングです。

屋根部分から、しっかりとみていきましょう。

陶器瓦
陶器の瓦の場合、塗装を必要としないため、瓦のズレや割れをしっかりと見させていただきますが、一番重要なのは、棟瓦の漆喰部分です。

瓦自体は割れやズレが無い限り、大きな補修を必要としませんが、棟瓦で漆喰部分がわれてしまっていたり崩れてしまっていると、瓦の落下や棟のズレなどに繋がる危険性があります。
漆喰部分がしっかりとしていれば、瓦屋根の落下などに繋がる危険性は低くなりますので、この部分を良い状態で維持していく事が大切になります!
鉄板サイディング
外壁部分では、紫外線の影響により色褪せ(チョーキング現象)が見受けられました。

雨漏りにすぐに繋がるというわけではありませんが、外壁の表面の防水性が低下してしまっているサインとなります。
鉄板サイディング
汚れや、塗膜の剥がれなどの症状が見受けられたものの、しっかりと高圧洗浄を行い塗装を施せば、良好な状態にすることが可能になります。

しかし、一点注意しなければならない箇所がありました。

それは。。。。
シーリング 撤去
窓廻りの一部で、シーリング材が使用されていました。

このシーリング材、基本的にはキッチンや浴室などの水周りの専用のシーリング材となっております。
なので、とても撥水性の高い物となっております。

じゃあ雨漏りとかの心配もないんじゃないか?とお考えの方もいらっしゃるでしょう。
しかしこのシーリング材、水をとても弾く為、塗料も弾いてしまうのです!
なので、もし塗料を上から塗ってしまうと、せっかく塗装をしたのに塗膜の剥がれの原因になる危険性があります。

なので、既存のコーキング材を全て撤去しなければなりません。


この水水周り専用のシーリングは、ホームセンターなどで簡単に手に入る為、外壁用と間違えて使用してしまう方がいます。
購入する際は、外壁用なのか、水周り専用なのかをしっかりと調べてから購入しなければ、撤去費用の部分で金銭面的に負担が大きくなってしまう可能性もありますので、気を付けなければなりません。

間違えないように購入したい方や、シーリング材についてわからないことなどがある方はお気軽にお問い合わせください。