住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

前橋市下大島町で築10年のALCのお家の現場調査にお伺いいたしました。

ALCパネル
今回は、前橋市下大島町で築10年のお家の現場調査にお伺いしてきました。

屋根は陶器瓦
外壁がALCパネルです。


陶器瓦
陶器の瓦では、塗装の必要がありません。
なので、屋根を見なくても良い!という事にはなりません!

塗装が必要ない状況であっても、瓦の割れやズレ、棟瓦のズレやビスの浮き、漆喰の劣化などの屋根の状況をしっかりとみていかなくてはなりません。
屋根の部分で劣化症状が見受けられた場合、雨漏りや部材の落下に繋がる危険性がありますので、しっかりと診断をする必要があります。

今回の場合、特に補修が必要な箇所はありませんでした。良好な状態であるということがわかる事が大切になりますね!
ALCパネル チョーキング現象
次に外壁です。

外壁のALC(ヘーベル)では、築10年でチョーキング現象が見受けられました。

チョーキング現象が発生しているとはいえ、雨漏りに繋がることはないですが、表面の防水性は低下していることになります。
ALC チョーキング
一部雨だれや、汚れの蓄積もありました。

築年数だけを見た場合、塗装の時期ではまだ早いと思われる方もいるかもしてませんが、やはり現状の状態を把握することが大切になります。


ALC チョーキング
今回の場合、ひび割れや外壁材の反りなどの劣化症状は見受けられませんでしたので、表面の色粉を高圧洗浄機で落としてから塗装を行う事で、良好な状態にする事が可能になります。

お家の塗り替え時期というものに関して、様々な情報があると思いますが、その情報を鵜呑みにするのではなく、現状がどのようになっているのか、本当に塗装が必要なのかをしっかりと把握することが大切になります。


現状を知る為の現場調査は無料で行っておりますので、もし気になる方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問合せ下さい。