住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり
2019年10月1日より、
消費税が8%から10%へ引き上げられることが決まりましたね。

おかげ様でミヤケンにも多くのお客さまからのお問合せをいただいております。
誠にありがとうございます!!

そこで、今回は安心して増税前にリフォーム工事をご検討いただくための
増税とご契約時黄についてご紹介します!

まず、リフォーム工事の増税前後の税率はこのような流れになっています。


syouhizeizouzeihantai-001
↑全国建設労働組合総連合 より抜粋

分かりやすくご説明をすると
リフォーム工事の場合、3月31日までに契約をすれば、
工事完了日が10月1日を過ぎた場合にも税率8%が適用されるということです。

リフォーム工事や新築工事の場合は、
ものを買うのと違い、
工事が完了するまでに一定期間どうしてもかかるために特別措置が設けられたようです。

この特別措置を利用し、
契約を無理にさせようとするような業者がいるなんて噂もありますが、
正しい知識があれば契約内容に不安を残さずにじっくり検討ができると思います。

お役立ちできることはミヤケンスタッフが全力で対応しますので
お気軽にご相談下さいね。



↓↓ここからはお客様からお寄せいただいたご質問とご回答をご紹介します↓↓


10月から増税だけど、3月末までに契約をしないといけないの?





絶対、と言う訳ではありませんが
税率が変わる前にリフォーム工事をご検討であれば
3月末までに契約をすると「安心」ということです。

外のリフォーム工事は天候に左右されるため、
なかなか予定通りには進まないものです。

3月末までに契約をしていれば10月15日に工事が終わったとしても税率は8%のままです。



10月までに工事を完了させればいつ契約してもよいのでしょう?

10月までに工事が完了すればもちろん、8%のままです。

しかし、工事が混み合うことが予想されますので、
8月に工事を依頼しても9月中に終わるお約束は出来ません。

3月31日以降のご契約であっても、8%の税率で工事を依頼する場合には
なるべく早い工事のお見積・ご依頼をお勧めします。






いかがだったでしょうか?

ミヤケンへのご相談・お見積依頼はコチラからお待ちしております!
外壁・屋根塗装セミナーで詳しく塗装について聞いてみたい方はコチラから!


無料メールで相談
scroll-to-top